スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーゼリー

先日、たまたまつけたテレビで「今日の料理」。
白崎さんがゼリーを作っていた。
白崎さんは
卵・乳製品を使わないお菓子のレシピ本を出している方で
私もレシピを参考にさせていただくこともある。

私は以前に紹介したように
結構ゆるゆるのコーヒーゼリーに
甘い豆乳をゼリーと同量くらい入れて
カフェオレのようにしていただくのが好きなのですが
白崎さんが作っていた練乳シロップが
とってもミルキィに見えて・・・・・・
気になりだしたら食べたくなって
作ってみました。
コーヒーゼリー
白崎さんのコーヒーゼリーには砂糖が入ってなくて
上からかける練乳シロップで好みの甘さにしていただくようになっています。
豆乳シロップ練乳風
この練乳シロップ。
もちろん本当の練乳ではなく
豆乳と砂糖が主材料で
くず粉でとろみがついてます。
私は成分無調整の豆乳で作りましたが
豆乳独特の青臭さは感じられず
想像通りのミルキィ感
コーヒーゼリーだけでなく
他の使い方も出来そう~
スポンサーサイト

桃のコンポート

実家の庭の桃が届いたよ~
出荷しているものではないので
小ぶりですが、味は抜群
硬めのものを送ってくれたので
時間経過とともに食感の変化も楽しめるの
実家の方では、硬い桃でも甘くて
店頭に並んでいる桃とは違うのよね~
2014桃
旬なので、生食でいただくのがベストですが、
今回沢山だったので一部をコンポートにしました。
白ワイン少し、レモン汁を入れて
桃のきれいなピンク色を生かしたいので
砂糖はきび糖でなく、白い砂糖を使います。
美味しく食べるためには、見た目は大事ですものね。

硬いめの果肉なので、煮崩れもないのですよ。
水は使いませんが
桃からたっぷりの水分が出てきます。
2014桃甘煮
これまた、市販のもも缶の食感とちょっと違う。
もちろん、果肉だけでなくシロップも利用して
豆乳ヨーグルトと一緒に食べたり
フードプロセッサーに豆乳や豆乳ホイップ等と一緒にかけて
そのままピーチスムージーにしても良し、
それを凍らせてアイスにしても良し。

さて、何にしようかなあ~

チョコ・クッキーサンドケーキ

以前にも紹介した市販のクッキーを使ったスイーツ
以前の記事に詳しいことをのせているので
そちらもどうぞ
チョコ・クッキーサンドケーキ
これはココア風味の豆乳ホイップに
刻んだくるみを混ぜて
市販のクッキーに挟んで
冷蔵庫で一晩、おやすみなさい。

翌日にはクッキー生地が程よく水分を吸って
サクサクでなく、
ほんわかしたスポンジみたいな生地に変身!!

クッキーはバターや脱脂粉乳、卵不使用のものを使ってます。
そして豆乳ホイップを使えば
簡単なのにスマイルスイーツ出来上がり!!

トップにガナッシュを絞り出して
デコレーション。
これも乳製品不使用のビターチョコを使えば
完璧、スマイルスイーツ。

ミントの緑でアクセント。
チョコ・クッキーサンドケーキ・断面
冷凍庫で固めて
クッキーサンドアイスクリームにも
出来ます。
暑くなってきたので
こんな簡単おやつ。。。美味しい

かぼちゃプリン

サワディ~カ~
かぼちゃプリン大
昨日、タイ在住の日本人女性を囲んでの集まりがあり、
食後のデザートとして
かぼちゃプリンを持参しました。
かぼちゃプリンといっても
卵・乳製品なし、ゼラチンでなく寒天で固めたスマイルスイーツです。

いつもは普通の豆乳で作ってますが、
大塚チルド食品株式会社スゴイダイズ
いつもはきび砂糖を使ってますが、
アガペシロップに替えて作ってみたの。

かぼちゃのきれいな黄色を活かしたいので
シナモンはちょっぴり入ってます。
ちょっぴりでも、味のアクセントに入れたくなるんですよね~
スゴイダイズを使ったのでいつもより栄養価が高く
アガベシロップにしたのでいつもより低GIなスイーツになったと思います
ぽってりした口当たりなのに、胃にもたれることなく
食後のデザートにピッタリでした

今日は、集まる人数も把握できてなかったので
食べるときに取り分けて食べるように
大きなココット型に作りました。
かぼちゃプリン大取り分け
食事が終わる頃、小皿に取り分け、
豆乳ホイップを添え、キャラメルソースを垂らし、
カリカリのアーモンドプラリネをふりかけ、召し上がれ~!!
トッピングは自家製スイーツならでは・・・
好きなだけかけて・・・
この組み合わせはMy best

余談ですが、
帰り際に、豆乳ホイップを入れていったタッパーと
かぼちゃのプリンのココット型を洗って渡してくれたMさんに
簡単に汚れを落とすことが出来て 
2度洗いの必要がないので驚かれました。
そうなんです。スマイルスイーツ
べとつくしつこい汚れになりようがない材料を使うので
片付けも簡単!!
作っている私はあまり意識したことのないことも
食べていただくことで
気付かせていただきます。

タイでの日常生活のお話も興味深く
ホントに楽しい会でした
コップンカ~

大塚チルド食品ファンサイトファンサイト参加中

コーヒージュレオレ

コーヒージュレオレ
うーん、なんて呼べばいいのか・・・・

カフェオレの「レ」はフランス語でミルクのことですが
スマイルスイーツなので
使うのは豆乳です。
コーヒーの替わりにコーヒージュレ
豆乳と半々かな・・・・
気持ち豆乳が少ないかな・・・・

甘いコーヒー液を
カルーアというリキュールで風味付けし
アガージュレ状にゆるめに固め
スプーンで、グラス半分ほどにすくい入れ
豆乳を適量注ぎいれます。

豆乳は、大塚チルド食品から出ている
「ミルクのようにやさしいダイズ」を使いました。
この豆乳、私的にはかなり甘いので
普段これだけを飲むことはなく
お菓子の材料として使うことが多いのですが
このメニューにはピッタリでした

豆乳が甘ければ、
コーヒー液の甘さは控えめでもいいですね

これは、ストローでじゅるじゅると飲む?のがお勧め

写真ではスプーンを添えてますが
コーヒーゼリーと違い
グラスから直接飲んでも
ジュレがグラスに残って
食しにくいということはないと思います。
ストローをつたってくるコーヒージュレと豆乳の喉ごしが
なんとも後を引きます
プロフィール

cafesolo25

Author:cafesolo25
卵・乳製品を使わなくても、それを感じないで、目で見て口で味わって嬉しくなるようなsweetsをめざしてます♪
でも、家庭で出来るだけ簡単に出来るレシピにしたい・・・と欲張りな私ですが、いろいろ試してみるのが楽しかったりします。
ブログをご覧になってのご意見・ご感想を、記事の下の方にある日時の横〔コメント〕をクリックして、お寄せください!!

おうちパティスリー協会 参加中♪
バナーをクリックして協会HPへどうぞ~♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。